おもちゃをサブスクする場合の留意点ですが、コストパフォーマンスはしっかりと考えておきたいことの一つです。おもちゃのサブスクを提供している会社は複数ありますが、平均的なところで言えば月額利用料は3000円から4000円程度で、だいたい5個程度のおもちゃを2か月程度のサイクルで交換してもらいながら使えるようになっています。その5個程度の玩具をもし市販品で購入すると仮定した場合の価格は1万5千円程度となっていることが多いようです。この数字だけを単純に考えると、もし購入して4か月程度も使えばサブスクで支払う金額の元が取れてしまう計算であり、そんなに簡単に壊れたりするような商品ではないことからすれば、コストパフォーマンスは高くないとも言えます。

ただ、本当に子供がそのおもちゃを4か月とかそれ以上の期間にわたって飽きずに遊び続けるかという疑問はあります。また、購入するとなると当然自分たちで適切なものを選ばなければならず、その手間暇は無視できません。当然ながら所有してしまうと置き場所も必要になりますし、不要になった場合の処分まで考慮する必要があります。このようなことまで含めて考えれば、借りて使うというのは決してデメリットばかりではないかもしれません。

とくに親が選んだりせずとも勝手に子供の年齢に応じた玩具が常に送られてくるのは、飽きずに新しいもので遊んで脳に刺激を受けるという意味でもプラスになるでしょう。おもちゃのサブスクのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です