おもちゃというと、こどもがいる家庭には欠かせないものです。こどもの発育に必要で、知育玩具のように脳の発育を促すものや、滑り台やジャングルジムのように身体の成長を促すものがあります。このようにこどもに必要なおもちゃですが、家族にとっては困ることがいくつかあります。1つめに、かなり場所を取ることです。

滑り台やジャングルジムは、小さな室内用の物であってもリビングの一部を陣取り、何も置けなくなります。2つめに、音がうるさい可能性があることです。多くのこどもは音が出るおもちゃに興味を示しますが、マンションやアパートの場合周りの部屋の人に迷惑がかかるため、あまり大きな音を立てるものはこともに与えられません。3つめに、年齢によって買い替える必要があることです。

こどもは成長が早いので、どんどん古いものが不要になって捨てる必要があり、新しいものを買わなければなりませんが、これは服や靴に限らずおもちゃも同じです。最近は、おもちゃをサブスクで借りられるようになりました。サブスクですので月ごとに交換してもらえます。新品ではありませんが、しっかりと洗浄されて来るので安心ですし、新品として購入した場合に比べて大きく値引きされるので家計にも優しいです。

サブスクという利点を活かして、「こういった子に育ってほしい」という親の気持ちを汲み取り、玩具の種類をよりその子に沿ったものに変えていけます。年齢ごとに様々な種類が用意されているので、こどもが飽きないこともメリットと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です